予防だけでなく、なんとがん細胞も治してくれる!

がん予防

 

最近メディアなどで話題となったスルフォラファンには、たくさんの健康効果があるといわれています。そのスルフォラファンには、がん予防効果もあるといわれているのです。がん予防について気になっている人は必見の内容です。

 

がんについておさらいしよう

 

ブロッコリーなどのアブラナ科野菜に含まれるフィトケミカルのひとつであるスルフォラファンですが、近頃健康効果がすごくあるのでメディアで取り上げられて注目さていますね。この成分には、なんとがん予防効果もあるらしいのです。では、その前にまずがんについておさらいしておきましょう。「がん」とは、悪性腫瘍のことを言い、遺伝子変異により自律的に制御できない増殖をする細胞集団の内、周辺組織に広がる・または転移をする腫瘍のことを言います。

 

悪性腫瘍の場合はほとんどの場合、治療なしだと全身に広がって死に至ることになるという、とても恐ろしい病気なんですね。実際に日本や世界で、毎年多くの人ががんで亡くなっているのが現状です。がんの発生要因にはいろいろな説があります。遺伝・ウイルス・化学物質・放射線など以外にも、肉食や塩分の摂りすぎ、たばこや飲酒、高血糖も原因になると言われています。

 

このような怖い病気であるがんですが、予防することもできます。1996年のハーバード大学・がん予防センターによる発表のデータでは、喫煙が30%、食事が30%、運動不足が5%、飲酒が3%となっていて、生活習慣を見直すことががん予防に大切ということが理解できます。

 

スルフォラファンにがん細胞を修復する機能がある!

 

がんを予防するために大事になるのは、「自己免疫力」のアップです。毎日食べている食材の中にも、自己免疫力が向上するがん予防の効果がある食べ物もいろいろあります。しかし、その中で特に強い抗がん作用と、がん予防効果があるといわれているのが、このスルフォラファンがたくさん含まれたブロッコリーとブロッコリースプラウトです。

 

ブロッコリースプラウトにたくさん含まれているスルフォラファンは、肝臓が有害物質・発がん物質を体内に出す働きを促進する効果を持っています。それだけではなく、「MMTS」という成分にがん細胞に変りかけた細胞を元に戻す効果があるのです。また、抗酸化作用も強力です。

 

なぜ抗酸化作用ががんに関係があるのかというと、増えすぎた活性酸素は人間の細胞を傷つけて、これががんの原因にもなるからです。抗酸化作用というのは体が酸化するのを抑制し、活性酸素を抑えてくれるからです。

 

ということで、スルフォラファンが通常のブロッコリーよりも20倍〜50倍も含まれているブロッコリースプラウトは「発癌物質と有害物質の排出」「変異している癌細胞の修復」「抗酸化作用」という、がん予防にとって最適となる機能を持つ食材と言うことになります。がんを予防する食材ならほかにもありますが、がん細胞を修復してくれるというのはスルフォラファンだけなんだそうです。これはすごいことですね。

 

スルフォラファンと生活習慣が大事

 

このように、がん予防をするにはまず生活習慣に気をつけましょう。がんといえばたばこという感じで、だれでも思いつくものがありますので、たばこを吸う人はがん予防のためにも禁煙をしたほうがよいでしょう。大事なことは、いきなり全部止めようとするときびしいことになるので、段階を経て徐々に止めていくのがやりやすいと思います。

 

ほかにも食生活も野菜を中心にしたきちんとバランスがとれたものにしたり、適度な運動をしたり飲酒を控えめにしたりということが生活習慣改善に大切になります。それプラス、がん細胞を修復してくれるという、スルフォラファンのすごいがん予防効果を利用するという風にしたいですね。

カゴメスルフォラファンサプリ


価格 容量 効果 送料
\2,143〜 90粒 健康/美容 無料

カゴメスルフォラファンサプリ