男性女性限らずお腹周りの脂肪は気になるところ!しっかりケアしましょう

お腹周り

 

ぽっこりと膨れたお腹の原因・男女の違い。男性であっても女性であってもぽっこり膨れてしまったお腹というのは悩みの原因だと言うことが出来ます。そしてさほど沢山の量を食べた訳でもないのに、周囲のスレンダーな友達の方が自分と比較して沢山食べているように思うのにどうして自分はお腹が膨れてしまっているだろう。その原因と対策について紹介します。

 

誰だって自分が意識していない時間の行動といのは存在します。そしてその無意識の間の行動に原因があると言えるのです。さらに男女の性差により原因と改善方法は異なります。自分は今後どうしたらいいのか何を気をつけたらいいのかをしっかりと理解し意識して行動するように心がけていくことが一番の近道だと言えます。

 

男性のぽっこりお腹の原因・改善策

最初に男性の原因と改善策から紹介すると、お腹が出てしまっている原因の大半が内臓脂肪だということが出来ます。その次に皮下脂肪が原因だと言えるのです。原因として挙げられる中で一番可能性が高いと思われるのがカロリーオーバーです。

 

中でもダイエットを意識しない人の場合は日々の食生活の中でイチイチカロリー計算をする人はほとんどいません。だからお腹が出ている男性は自分の食生活は一般的だと認識していますし、食事の量も標準体型の人よりずっと多いケースが大半です。

 

少しでも思い当たる節がある人は、一回きちんと日々の食事のカロリーを計算してみて下さい。参考にして欲しい数字が普通の男性は1日に摂取するカロリーで1800から2200キロカロリーとなっています。あとダイエットをスタートする前の私の摂取カロリーはなんと3500キロカロリーでした。通常の人の倍近くなので太るのも当たり前です。

 

日頃から運動をする人、営業の仕事の人などは外出し歩くことが多いのでまだいいのですが、座り仕事やデスクワークが中心の人はカロリーの摂取量には注意が必用です。

 

さらに成人している男性でデスクワークがメインの人や、学生の場合は文科系で帰宅部の人の場合はスポーツをしたり、意識して身体を動かすことを心がけないと運動不足となってしまう可能性が高いと言えます。だからカロリー摂取に注意してあとはウォーキングといった有酸素運動を行うように生活を改善するとダイエット成功までの期間が短縮できます。

 

女性のぽっこりお腹の原因・改善策

女性のぽっこりお腹の原因は男性と異なり皮下脂肪が一番に挙げられます。それから2番目に内臓脂肪といった順番です。これが男女による性差の一番大きな違いです。男性の内臓脂肪はカロリー摂取を控えて運動をすることで比較的燃焼されやすい体質に改善することが可能ですが、皮下脂肪は非常に強敵で内臓脂肪と比較し落とすのに時間がかかります。

 

どうして皮下脂肪は強敵なのか

皮下脂肪と内臓脂肪を比較して落としにくい理由はエネルギーに変換する事が目的ではない脂肪だからです。内臓脂肪は分かりやすく説明するならエネルギーに変換する為の貯蔵といった印象があり、身体を動かすことで消費出来ますが、皮下脂肪の場合は身体を動かしてもなかなか燃焼することが出来ません。だから一度ついた皮下脂肪は非常に厄介だと言えます。

 

皮下脂肪を無くす為には

皮下脂肪を無くすには内臓脂肪を無くすのと比較して根気良く努力することが必用です。理想の方法は適度に筋力の付く運動をして、それプラス有酸素運動を行うことです。つまり筋トレをして筋肉がつけばその分体重が増加すると躊躇してしまう人もいると思いますが、最初に筋肉を付けておき基礎代謝を上げておけば後々脂肪を燃焼しやすくなるのです。

 

運動をする順番は筋トレをしてから有酸素運動を行うといった方法が効率がいいと言えます。筋トレにプラスして有酸素運動をすると効果がありますが、もっと効果的な方法で皮下脂肪を減らしたいなら食生活の改善を行ってください。酵素、乳酸菌を摂取すると脂肪を代謝したり消化するサポートをしてくれるので意識して摂取することを心がけましょう。

 

膨れたお腹を解消する!脂肪をなくす方法とは

膨れたお腹は本当に対処に困ってしまいますし中には割り切り気にしないなんて人も存在しますが、多くの人は気になってしまいます。それが原因で外出をしたくないなんて自暴自棄になる人もいるくらいです。この頃は10代、20代若年層の人でもメタボリックシンドロームみたいなお腹の人が少なくありません。

 

そんなお腹の脂肪の悩みを解決し脂肪を落とすにはどうしたらいいのでしょうか。
中でも男性に多いケースが内臓脂肪だと言えます。まるでリンゴみたいに丸いお腹の形からリンゴ体型と言われます。自分のお腹のを見下ろすと胸から下の部分がぽっこり大きく膨れているのがリンゴ体型の特徴だと言えます。

 

運動と食生活の改善にプラスして青魚を摂取すると効果が期待できます

今の若い世代は魚を好まない傾向があり、中でもイワシ・サバといった青魚を嫌う人が多いと言えます。さらに魚を食べずに肉ばかりを摂取するのでメタボ体型になってしまうのです。

 

若い人が魚を苦手とする原因のひとつに魚には骨がある事が挙げられます。骨を上手く取れないので面倒に思ったり、あとは青魚特有の生臭い感じが苦手といった人が沢山いるのが現実です。ですが青魚に含まれる栄養素でDHA・EPAが内臓脂肪を減らすのに非常に効果的だと言えます。

 

DHA・EPAの説明と効果

DHAは通常は学習能力・記憶力のアップといった効果があることで知られています。だから受験勉強をする子供にDHAのサプリメントを与える親が多いと言えます。私自身も以前大学受験の時には勉強に集中出来るようにといった目的によりDHAを摂取するように心がけていました。
ですが実際にはDHAには記憶力のアップの他にも様々な効果が期待出来るのを知っていますか。

 

DHAの効果

 

  • 記憶力と学習能力のアップ
  • 視力の低下を抑制
  • 燃焼リパーゼにより脂肪燃焼
  • 動脈硬化の対策
  • 高血圧の予防
  • 運動機能をアップ
  • アトピー性皮膚炎の対策
  • アレルギーへの耐性

 

さらにEPAの効果は内臓脂肪を解消する為の決め手になります。

 

EPAの効果の説明

  • 体脂肪を無くす効果がある
  • 筋肉などの除脂肪を増やす
  • 血行を良くし中性脂肪・コレステロール値を低下
  • 紫外線が肌にダメージを与えるのを抑制する

 

DHA・EPAをきちんと摂取することを心がけると今説明したような効果を得ることが出来ると言えます。メタボリックシンドロームの改善に効果があると現在非常に注目されている栄養素です。

 

DHA・EPAは両方ともかなり様々な効能が期待できますが、中性脂肪を減らす効果が高いと言えるので膨らんでいるお腹の原因である内臓脂肪を減少する事が可能です。

 

そしてDHA・EPAを摂取するのに青魚を食べる必要なくもっと効果的に摂取することが可能だとかなり話題になっていると言えます。内臓脂肪を減らし、それと同時に脂肪燃焼効果が期待できるのでお腹周辺にはかなり効果があります。

カゴメスルフォラファンサプリ


価格 容量 効果 送料
\2,143〜 90粒 健康/美容 無料

カゴメスルフォラファンサプリ